FC2ブログ
topimage

2019-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒエロニムス・ボスと異形のモンスターたち - 2015.03.24 Tue

ヒエロニムス・ボスの絵画が大好きだ。画面に沢山描き込まれた不思議な動物を見ていると本当に飽きない。画集をいつまでも眺めていられる。

以前、神戸市立美術館のミュージアムショップでボスの作品に出てくる異形のモンスターたちのフィギュアを売られているのを見つけ、私は思わず声をあげて喜んでしまった。全種類を買い占めたい衝動に駆られたが、横で夫が苦い顔をしていた。私にとってはお宝だが、彼にとっては悪趣味なものでしかないのだろう。

!cid_86AF953A-A1C6-4168-9D9C-6D69AE9C6949.jpg


一番グロテスク度の低い、写真のフィギュアだけを購入した。テレビ台の目立つところに飾ってある。ものすごく気に入っている。こちらは聖アントニウスの誘惑という作品に登場する魚だ。

!cid_35A13C1D-AF67-4914-9957-C4E52FEE3983.jpg

ヒエロニム・スボスは、敬虔なキリスト教徒だったらしい。彼が生きた時代は聖職者の堕落や腐敗が横行しており、彼の描いた宗教画はそれを批判するために描いたものだと言われている。しかし、沢山描かれた彼の創作モンスターたちは、グロテスクではあるが不思議な可愛らしさもあり、見ていてワクワクする。

ヒエロニムス・ボスの生涯は謎に包まれているが、残っている記録で裕福な家庭の女性と結婚していたことは事実のようだ。地位もあり、経済的な心配もなく好きな絵を自由に描いていたのだろうと思う。勤勉な人間であったことは間違いないとは思うが、恐らく本人もかなり楽しんで描いていたのではないだろうか。

彼の数少ない彼の代表作の殆どは、プラド美術館のいちばん目立つところに飾られているらしい。何故、スペインに集中しているかというとフェリペ2世がボスの作品の愛好家であったからだそうだ。

いつか、息子と一緒にプラドを訪れるのが夢である。興味を持ってくれるといいのだけれど。


記事を書くために調べ物をしていたら、1Q84の文庫版の表紙が「快楽の園」になっており驚いた。たしかに宗教、暴力、性の入り混じった世界観は通じるのかもしれないが…。

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)
(2012/05/28)
村上 春樹

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 見た夢へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんばんは、はじめまして。

私はそのシリーズの「樹幹人間」を大阪の国立国際美術館で買いました。私も全部ほしいと思いましたが、確かひとつ¥4,000~3,000位したので1個で我慢した記憶があります。そのときはフェルメール展だったのに、フェルメール関係のものは買わずに「樹幹人間」だけ買ったのです。

覚えていらっしゃらないと思いますが、以前私のブログにコメントを頂いたのに私は返事をしなかった事を覚えております。かっこよい返事が思い浮かばなかったのです。すみません。今までもこっそり覗いておりました。またお邪魔します。

私も欲しかったですが、一体の価格を見て諦めた記憶があります(笑)

>1Q84の文庫版の表紙が「快楽の園」になっており驚いた。

同じく、、驚きました。
自分のイメージと違い過ぎます、、、

ハンディーさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
樹幹人間、ボス自身と言われているアレですね。それはもう、私も欲しかったです。確かに一つ一つがお高いので全種類制覇は難しいですね。ひとつだけお気に入りを持って、大事にしているので結果的には満足です。

さて、以前ハンディーさんのブログに書きこみさせていただきましたね。私もブログを始めて間もない頃でブロガー間の作法がよくわかっていなくて(今もかな?)、挨拶もせず感想だけを書いてしまいました。大変失礼しました<(_ _)>ハンディーさんの文章や写真が結構ツボなので私もよく覗かせていただいております。今後ともよろしくお願いします~。

ちまちま子さん、コメントありがとうございます。ちま子さんがボス好きとは意外でした。あのフィギュア確かに高いですよね。購入したのは、子供が生まれる前で自由にお金が使えた頃の話です。うちは男の子なので破壊されそうです。。。そろそろお宝は息子の見えないところにしまった方がいいのかと思っています。
村上春樹作品はほとんど読んでるぐらい好きなのですが、ボスの絵とはなんかイメージ違いますよね~。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haworthiaobtusa.blog.fc2.com/tb.php/85-f8e133b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

英語は「インド式」で学べ!を読んだ «  | BLOG TOP |  » おかんとジャズロック

プロフィール

ハヲルチア

Author:ハヲルチア
40歳で出産、老体にムチを打ちながら小さな息子と格闘中。現在派遣社員で翻訳の仕事をしています。主婦のつまらないひとりごと、奇妙な夢の記録、時々読書感想文、大好きなアートの話など―。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。