FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女(ひと)の秘密 - 2015.03.07 Sat

私は40歳で出産後、容貌が一気に衰えた。顔のシミは濃くなり、白髪が増え、肌はたるみ、鏡に向かうのが嫌になった。妊娠前の私は化粧品に稼いだお金を好きなだけつぎ込み、ジムで体を引き締めることに余念がなかった。自分で思い込んでいただけかもしれないが、実年齢より若く見られることが、子供のいない私にとっての誇りだったのだ。

そんな中、人気ブロガー大野梨咲氏のこの本を読んだ。新聞広告によると中々の売れ行きと反響らしいので、この分かりやすいタイトルに興味を引かれたこともあり手に取ってみた。

正直、あまり期待はしていなかった。美容法など辺り一辺倒の事が書かれている軽い読み物だと思っていたのだー。大野氏の「~だわ。」「~だと思うの。」というお上品な口語体に最初はなじめなかったのだが、読み進めて行くうちに本書があまたある薄っぺらな美容エッセイと一線を画すものであることに気づいた。

書かれているのは、美容やファッションの事だけではなく、女性として年を重ねるにつれていかに自分をバージョンアップしていくかということである。立ち振る舞いや身だしなみ、感情のコントロールの仕方、仕事への心構えなど、年相応にレベルを上げていかないと魅力的な人間になれないのだと力説されている。

確かに、本書の例にあるように、学生時代ピカイチの美少女だった子が同窓会で再会した時にその輝きを失っていたという例はよくある話だ。年相応に中身をブラッシュアップしていない女性は確かにあまり魅力的にではない。

また著者によると、美しく見える人は幸福のオーラをまとっているのだそうだ。こちらも大いに共感できる。努力して幸福を掴み取り、周りの人々にも気配りができる女性は素晴らしい。元々の顔立ちやスタイルはどうしようもないが、幸福は自分次第なのだ。しかし今ある幸せを確認し、感謝して生きるということはシンプルでありながら難しい。

平凡な主婦やOLであっても日常にあふれる小さな幸せを見つけるだけで心は明るくなるし、それは外見にも必ず現れ、それが著者の言うところの「美女の幸福感」なのだ。この考えは昔読んだアランの「幸福論」にも通じるものがあると思った。

大人の女性としての厚みや教養と幸福感手に入れ、少し流行を取り入れた洋服や手入れの行き届いた髪や肌があれば、美女とは言えなくとも自分を今よりはずっと高レベルの所に引き上げることは可能だろう。

ここ十年ぐらいだろうか、日本女性の外見の美へのこだわりが異様になってきた気がする。アンチエイジングだの美魔女だのがこぞってメディアでもてはやされるようになった。外見が年相応に老けていくのはそんなに悪いことなのだろうか?また、若い世代では原型がわからない程の「プチ整形メイク」が流行っているみたいだし。表面的な美にヒステリックにこだわっている人々には世代を問わず本書を読んでいただきたいと思った。

「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女(ひと)の秘密「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女(ひと)の秘密
(2014/10/18)
大野 梨咲

商品詳細を見る


幸福論 (岩波文庫)幸福論 (岩波文庫)
(1998/01/16)
アラン

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 見た夢へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

● COMMENT ●

こんにちは。
ぜひこの2冊の本を読みたいと思いました。
素敵な本をご紹介くださってありがとうございます。

美咲さん、コメントありがとうございます。
どちらも中々におもしろく、幸福は自分しだいでどうにでも作れるものだと実感させられました。

ご紹介をありがとうございます。

こんにちは。著者の大野梨咲です。

このたびは素敵なご紹介をありがとうございます。
もうずいぶん前に記事にしてくださっていたのに、
気づかずにいてごめんなさい。

私の考えていることを的確にとらえていただけることを
本当に感謝の気持ちでいっぱいになりながら、
読ませていただきました。

本当にありがとうございます。

大野梨咲さん、こんばんは。著者ご本人様からコメントがいただけて感激しております。
今、プライベートでも仕事でも大変な時期なのですが、この本から学んだことを糧に頑張ろうと思っています。ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haworthiaobtusa.blog.fc2.com/tb.php/80-2972d5c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈴木拓と恐怖のフラテリ一家 «  | BLOG TOP |  » 明太子ドッグ

プロフィール

ハヲルチア

Author:ハヲルチア
40歳で出産、老体にムチを打ちながら小さな息子と格闘中。現在派遣社員で翻訳の仕事をしています。主婦のつまらないひとりごと、奇妙な夢の記録、時々読書感想文、大好きなアートの話など―。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。