FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年8月6日 お掃除ロボットルンバ型の潜水艦に乗る~夫の失踪 - 2014.08.09 Sat

夢の中で私は大学四年生である。大手製薬会社に内定を得ている。(以前派遣社員として短期間勤めたことのある実在する企業)しかし、単位が一つだけ足りないことが発覚して留年が決定する。だが何故かその企業でのOJTを受けている。そして、その研修内容がヘンテコなのだった。

私の仕事は潜水艦に乗って、自分で操縦しながら淀川の川底をくまなく調査することであるらしい。調査内容は水質、汚染度、藻の種類、生態系など。潜水艦は一人につき一台で、直径が大型自動車程度の円盤型だ。今流行のお掃除ロボットルンバのようにクルクル回転しながら川底を這うように動くのだ。操縦席に座っていてもクルクル回るから視界が定まらないことに加え、川の流れもあるものだから運転しにくいことこの上ない。調査対象物(といってもただの藻だが)を見つけても捉えにくい。先輩社員(その企業に実在する女性、ただし現在は私より10歳下)がお手本を見せながら上手にクルクル回りながら運転している。この話はそれで終わり。

場所は変わり、阪急電車の中で夫と二人。豊中駅からありもしない北の地方都市へ向かう線に乗っている。気ままに旅をしているようだ。二人ともスマートフォンのゲームに夢中になっている。(実際には私はやらないが。)ある小さな駅で夫がだまってふらっと降りてしまう。見知らぬ場所で一人になり不安になるが、ゲームがやめられない。スマートフォンの電池が無くなりかけて、やっと夫に電話をしてみる。つながった先はこの路線のどこかの駅のドコモショップで、店員が私にこう言った。

「この番号のスマートフォンは水没しています。持ち主は入水自殺をした可能性があります。」

私は知らない町を彷徨いながら、夫の名を呼び続ける。その後気付くと私は自宅に戻っており、和室の押し入れを開ける。そこに小学生の姿をした夫が体育座りをして膝をかかえた姿でえうっ、えうっと泣いていた…。何故泣いているのかと尋ねると子供サイズに縮んでしまった夫はこう答えた。

「ムヒを塗りすぎた手でスマホ触ったら壊れちゃった。お母さんに怒られると思ったんだもん、ひっく、ひっく…」

ムヒでベチョベチョになったスマホを手渡された瞬間、息子の寝言で目が覚めたー

にほんブログ村 その他日記ブログ 見た夢へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haworthiaobtusa.blog.fc2.com/tb.php/2-a5cfa76f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大物ロック歌手のライブ «  | BLOG TOP |  » 始めます

プロフィール

ハヲルチア

Author:ハヲルチア
40歳で出産、老体にムチを打ちながら小さな息子と格闘中。現在派遣社員で翻訳の仕事をしています。主婦のつまらないひとりごと、奇妙な夢の記録、時々読書感想文、大好きなアートの話など―。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。