FC2ブログ
topimage

2019-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ozzyさんの孫  - 2016.01.04 Mon




私が住んでいるのは古い賃貸マンションで、間取りは2LDKだ。一人住まいでこの広さは十分なのだが、ふた部屋とも古臭い和室である。一部屋をリビング、もう一部屋を寝室として使っているが、この二部屋を隔てる襖を取っ払い広々使おうか思案している。

マンションには同じ職場の人が住んでいるのだが、おかっぱ頭に黒縁眼鏡で洒落っ気がなく、友達の少なそうな若い女性である。私は面倒臭がりのくせに妙におせっかいなところがある。彼女が寂しそうに見えたので「いつでも遊びに来てもいいよ。」と言うと、額面通りに受け取った彼女はしょっちゅう私の部屋に上がり込んでくるようになった。そして夜な夜な、実りのない会話をしながら私の部屋でスナック菓子を貪るという、時間をドブにすてるようなプライベートの過ごし方に私もそろそろ嫌気がさしてきていた。

その晩、誰かが訪ねてきたので「ああ、またアイツかよ。」と思いながらドアを開けるとそこには年長さんぐらいの年頃の可愛い男の子がいた。

彼は自然に私の部屋に上がり込み、テレビを見たりお菓子を食べたりしてくつろいだ。そして成り行きで一緒にお風呂に入ることになった。湯船に一緒に浸かっていると、男の子はふざけて頭をすっぽり湯の中に沈めて潜った。「わぁ、溺れちゃう!」と私が叫ぶと彼の上半身がザバーンとお湯から飛び出た。

前髪が張り付いた彼の顔を覗き込むと、彼がクリクリした大きな目が誰かにそっくりな事に気付いた。

「あれれ。ボク誰に似てるのかな?」
「ボク、おじーに似てる。」
「んん?あっ!オジーオズボーンにそっくりだよね。」
「そう。ボクのおじいちゃんだよ。」
「ええっ?ボクのおじいちゃんがオジーなの?」
「そう。」
「じゃあ、キミのお父さんはジャックオズボーンなの?」
「うん、まあ。」

何故か、自称オジーの孫と私は意気投合し、すっかり仲良くなった彼は私の部屋に入り浸るようになった。おかげでうざったい同僚も私の部屋に来なくなった。

ある日、オジーの孫と私は外出した。彼がトイレに行きたがったので、ビルの中の男子トイレの前に連れて行くと、もじもじして中に入ろうとしない。まだ幼いから母親のような私についてきたいのだろうかと思い、女子トイレに連れてきた。さてどうしたものかと私は考えた。

すると奥からふいに私の友人が現れてこう言った。
「ハヲルチア、この子、私と同類よ。」
「あ!」
その友人は性同一障害である。生物学上は男性だが女性として社会生活を送っている。オジーの孫は子供であるという事を差し置いても、オトコを全く感じさせない子だったので何か腑に落ちた気がした。

「体は男のままだからね。最近はそういう子の為のトイレもあるんだから。こっち来て。」

付いていくと女子トイレの奥に男子用便器がズラッとならんでいた。

***************************************************************************************************

これが今年の私の初夢でした‥。何か意味あるのでしょうか。今朝の日経新聞にトランスジェンダーの方の為のトイレが普及しつつあるという記事が掲載されていました。
夢の冒頭に出てきた地味な同僚女性は…ある人に似ていたのですが怖過ぎてブログには書けません。




にほんブログ村 その他日記ブログ 見た夢へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

● COMMENT ●

多分、意味はないのでしょうが、、
初夢だと何か付加(笑)したくなるかも、、です(笑)

夢の中で、これ何処から引っぱってきた?みたいな出来事って面白いです〜

もうそろそろ5月…。ブログを放置しすぎてしまいました。ちま子さんへのコメントのお礼が遅くなり申し訳ございません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haworthiaobtusa.blog.fc2.com/tb.php/113-b758f423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

エドワード・ゴーリー展 «  | BLOG TOP |  » 囚人船

プロフィール

ハヲルチア

Author:ハヲルチア
40歳で出産、老体にムチを打ちながら小さな息子と格闘中。現在派遣社員で翻訳の仕事をしています。主婦のつまらないひとりごと、奇妙な夢の記録、時々読書感想文、大好きなアートの話など―。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。